上の天神 生根神社 ロゴ
上の天神 生根神社
☆生根神社の主な行事
夏祭(だいがく祭)
数百年の伝統を誇る大阪府指定文化財「だいがく」を1年に1回公開する恒例の五穀豊穣、商売繁盛、家内安全の「だいがく祭」を毎年7月24日・25日の両日斎行いたします。 この日に大阪府指定文化財「だいがく」を境内に据え置き披露するほか、「子供だいがく」・若者による「男性だいがく」担ぎと、女性達による「女性だいがく」を威勢よく、華やかに担ぎその伝統文化の継承をご披露いたします。
こつま南瓜祭り
毎年、冬至の日にカボチャをご神前にお供えしお祓いを受けたカボチャを家族揃っ食べて無病息災を祈る慣習が当地にありました。その慣習をお祭りにしたのが「こつま南瓜祭り」です。お祭りではお払いしたカボチャを境内で蒸し上げて皆さんに食べていただいてます。中風除け・ボケ払いにご利益があります。 お初穂料は800円。
節分(火炎神事・厄除神事・節分)
古くより季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、特に冬から春へ季節の変わる日(節分)には往時より種々の追儺(ついな)の行事が行われてきました。当神社に於いても恒例の火焚き神事(ほたきしんじ)を2月の節分の日にご奉仕申し上げ、氏子崇敬者の皆様の罪や穢れを祓い去り清らかな清々しい身となって良い年を取られるようご祈祷しています。
◎ゴマ木または火焚木を1本200円で頒布しております。お願い事を書いた木を2月3日にご祈祷してお焚き上げします。
☆毎月の行事
月次祭(つきなみさい)
毎月1日と15日に斎行しています。天皇陛下の御代の弥栄を祈願し、氏子崇敬者を含む国民すべての五穀豊穣・家内安全・無病息災・商売繁盛を祈願します。

本殿外側からの参列自由。

初辰祭
毎月一番最初の辰の日に、商売繁盛・家内安全を祈願します。境内にある大楠社前で10時から例祭を斎行しています。初辰の当日は多くの方々が本殿をお参りし、三輪明神、大楠龍王、金森大神をお祀りする大楠社にお参りし、生業の繁栄・家内の安泰をお祈りされます。

参拝自由。

日供祭
毎朝にご神前に御饌を奉り、日々、天皇陛下の御代の弥栄を祈願し、氏子崇敬者を含む国民すべての安泰を祈願するお祭り。