上の天神 生根神社 ロゴ
上の天神 生根神社
境 内 地
境内地
本殿について

現在の本殿は昭和41年(1966年)に完成した、鉄筋コンクリート造りです。本殿・幣殿・拝殿が繋がっており、本殿は神明造りとなっています。

昭和41年以前には明治4年(1872年)の廃藩置県の際、黒田筑前守の鎮守として大阪の筑前橋に奉祀していた筑紫天満宮を明治5年(1967年)に奉遷し生根神社の本殿としました。

惜しいことにその立派な本殿は昭和20年の戦災により焼失し、その後、浪速高校より社殿を譲り受け生根神社の本殿としたが、現在の本殿新築計画により昭和39年に東住吉区の鷹合神社に移築され現在の本殿が建てられた。